レスキューという考え方で資材をつくる リビセン行ってきた

先日、初めて諏訪を訪れました。長野県諏訪市。

そう、こちらのイベントにお伺いするためです。

リビルダーズマーケットとは(略してリビセン)

古材と古道具を販売する建築建材のリサイクルショップ
家屋や工場の解体や、お片づけの現場に、大家さんから直接連絡をいただいてお伺いし(またはお店に持ち込んでいただいて)、行き場を失ってしまったものをレスキュー(引き取り)しています

http://rebuildingcenter.jp

ヘンタイナカマなみぶちさんが教えてくれたこちらのイベント。すぐにリビセンのコンセプトに惹かれ、即座にイベント行きます返事!

しかも当日みぶちさんの運転でみぶちさんの次男さんも一緒に行く事に。みぶち家はそのままキャンプに行くそう。そこのキャンプ場もすごく楽しそう!

レスキュー561件!!社長の東野さんと

今回のイベント、レスキュー500件記念!ということで、

この機会にわたしたちがいつも心強さをもらっているみなさんに出店いただき、ちいさな?おおきな?イベントを開催させていただくことになりました〜〜!
大好きな大好きな!日本全国のお店屋さんたちがあつまるこの機会出店者さんも、まだまだ増える!

https://m.facebook.com/events/1445957945567788/

という感じでした。

こんな感じな可南子さん、どんなかたかな〜と思ってたら、もうほんと、こんな感じの方でした!すごい素敵で、パワフル〜〜!!

リビセンの資材関係はこちら。こんな感じで、物語がちょっと見える建材資材。いいですよね。板を選ぶ基準がホームセンターで選ぶのとは違ってくると思う。

これはどこの床だったんだろうとか、この焦げ目なんだろうとか、絶対妄想しちゃうし。キズがあるとか痛んでるとか、そんなんどーでもいい、愛着がわくかどうか。

これは諏訪ならではって感じ

本当にいろんなステキな出店者さん達ばかりで散財しましたね。もちろん、リビセンのグッズもゲットしました。

このご縁でまた出店者さんたちのお店にも行ってみたいと思います!

お兄さんの肩に注目!

イベント後には、 温泉!諏訪温泉!温泉大好き!

文化財にもなっている片倉館。千人風呂は圧巻!あの映画にも出ているそうです。

国指定重要文化財 片倉館

天然温泉を豊富にたたえる大理石造りの浴槽は100人が一度に入浴できるほどの広さ。深さ1.1mの底には玉砂利を敷き詰め、立つと心地よい刺激が感じられます。
また、ステンドグラスや周囲の彫刻、装飾もお楽しみいただけます。千人風呂は多くの方に親しまれている芸術のお風呂です。
多くの先人達が好んで訪れた温泉で80年以上の年月が過ぎた今も価値ある存在です。

http://www.katakurakan.or.jp/natural_hot_spring/

入ってみて初めてわかる、この玉砂利の良さ。行ってみて、実感しないとわからないですよ〜。

ぜひ、観光だけじゃない楽しさもある、諏訪に訪れてみてくださいね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA